神奈川クリニック眼科

神奈川クリニック眼科では、老眼治療も可能になりました。従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応した、「遠近両用眼内レンズ」。 この治療を受ける事により老眼鏡から開放され、クリアな視界を手に入れることができます。

手術は、神奈川クリニック眼科の北澤院長を中心に行います。レーシックをはじめとしたエキシマレーザーによる角膜屈折矯正手術において、国内で最も高い評価を得ている医師であり、第一人者です。内眼手術の経験も豊富で、白内障手術においても 13,000症例以上の実績を持っています。

詳細はこちら

遠近両用眼内レンズ」は、老眼と白内障の画期的な治療法として注目を集めています。従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応した、「遠くも近くも見える」治療法。

手術方法そのものは従来の白内障手術と全く変わらないため、白内障手術の経験豊富な眼科専門医が行なえば安全性が高く、日本国内での症例数も増加しています。

神奈川クリニック眼科の老眼治療で使用するレンズは、我が国の厚生労働省およびFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可取得済である米AMO社製ReZoomRおよびAlcon社製ReSTORRを採用しています。

従来の白内障手術のレンズは、単焦点(ピントが一つ)のため、術後に遠方は良く見えるものの、近くを見るときには、老眼鏡が必要になるという欠点がありました。 しかし、遠近両用眼内レンズで使用する「多焦点眼内レンズ」は、レンズ1枚に5ゾーンもの焦点が割り当てられていて、遠距離はもちろん、近距離から中距離もクリアな視界が期待できます。

また、この手術では、術後にもし近視・遠視・乱視の度数にズレが生じた場合でもレーシックによって補正を行なうことが可能です。

神奈川クリニック眼科